アマリイト。鍵編み、棒編み、手芸

細編み

細編み

編み図
編図は表側から見た状態を書いてあります。
細編みは右から左へしか編み進めることができないので、
四角を編む場合は1段目は表から編み、
2段目は裏から編むことになります。

1段目
くさり編みで必要な目数を編んだら、立ち上がり1目を編みます。
立ち上がり1目を飛ばした隣の目(針から2目め)の裏山に針を入れ、糸を掛けて引き出します。
針に糸を掛け、2目を一度に引き抜きます。これが1段目の1目の細編みになります。
そして必要目数を同じように細編みします。
2段目へ進む前に、編地は針を軸に反時計回りに回して裏側にむけます。

2段目
立ち上がりのくさり1目編みます。下段の右端の目の頭2本を拾い、1段目同様糸をかけて引き出し、
もう一度糸をかけ針の2目を一度に引き抜きます。
これが2段目の1目めの細編みになります。
必要目数編んだら前段同様編地を回し、次は表を見ながら3段目を編みます。